天国のお母さんへ
(05/12 Main)


毎年同じことを書いてるかもしれないけど、天国のお母さん、僕のことを生んでくれてありがとう!

ほんとは生きてる間に、もっともっと何度も言っておきたかったのですが。。。



亡くなる前にお母さんが一番心配してた父のこと、何とかなってますよ。

何とかなってると言っても、僕が何とかしてる訳じゃなく、いろんな人に助けられています。

市の福祉担当の人から介護ケアマネージャー、介護ヘルパーの皆さん・・・本当にたくさんたくさん助けられて、僕も父も生きていることができています。

一時は、もう父と共倒れするしかないと思いました。

何度医者に連れて行っても、何度入院させても、また酒を大量に飲み、ろくに食事もせずに衰弱をすることを繰り返して、何度も何度も裏切られて悲しい思いも沢山しました。

半ば諦めながらも、とにかく自分がつぶれないように、程よく適当なバランスを保つことに気をつけながら。

すると昨年末には、酔っ払っていたのかそうでないのか?その点はもう知らない。知りたくもないが、自宅で転倒をして大腿骨転子を派手に骨折〜即入院・手術で更にリハビリ入院の4か月を過ごすことに。

最初は救急指定病院への入院〜手術だったので、毎日通うのが本当に大変だったのですが、リハビリ専門の病院は、1日に何回でも気軽に且つ頻繁に病院に顔を出せるようにということで、僕の家の目の前にある病院への転院をしました。

そして、つい先日ついに退院しまして、今は再び皆さんに支えられながら自宅で過ごすことができています。僕の家からは遠くなってしまったので、頻繁には通うことができなくなって少し寂しくなりましたが、何かと理由をつけては父のところに顔を出すことにしています。

今日も今から庭の木の剪定、下草刈りを口実に遊びに行きます。

そうそう、「お母さんに」ということで、こんなにきれいな胡蝶蘭をいただいたんですよ!

後ほど父の家にあるお母さんの大きな写真の前にも見せに行きますけど、とりあえずはうちに有るお母さんの小さな写真と一緒に撮っておきますね。

僕は相変わらずのマイペースです。それなりに頑張ってます。決して頑張り過ぎないように、少しでも長く歩き続けられるように気をつけているつもりです。

音楽活動、とりわけいつもお母さんが楽しみにしてくれていたアルバムは、お母さんが亡くなった年に作った2009年発売の”Venturo Accordion”以来、ストップしてしまったまま。。。

お母さんに聴いてもらえないから、なんだか張り合いが無くなっちゃったってのが理由の一つかもしれないけど、もうあれから4年なんだね。

きっと、お母さんも天国で僕の新曲、僕のアコーディオン演奏を心待ちにしてるはず。

いや、いつも僕のことを応援してくださり、僕の音楽を聴いてくださるファンの皆さんこそが、新しいアルバムを心待ちにしてくださっているはず!

ということで、今年も高校の生徒達、音楽教室の仲間たち、庭のお花、植物、野菜、金>
前[1/3]
前頁:クルマに楽器をたくさん積みこんで
次頁:よそでは更新を続けてます
HOME