accordion.jp 公式ブログ
このブログは使い勝手も悪く、さらに迷惑コメント&トラックバックが異様に多くて使えませんので名ばかりの公式ブログですが、皆様とのコミュニケーションはFaceBook、mixi、軟式ブログ(Ameblo)などでタップリ濃厚に♪

27 January

のり道しるべ トミー・スナイダー vs 長坂憲道

長坂憲道ブログ

つい先日、東京の某スタジオにて、ゴダイゴのトミー・スナイダー氏とのコラボレーションを撮影してまいりました。撮影コンテンツのメインテーマは、僕も普段から愛用している電子パーカッション"HANDSONIC HPD-15"の弟分にあたる"HANDSONIC HPD-10"が先日のNAMM SHOWにて発表になりましたので、そのプロモーション・クリップです。

電子パーカッション vs 電子アコーディオンの生々しくもエレクトリックで、とっても愉快なセッションでした。この映像は春以降に全国のRoland PLANET-SHOPの店頭や、Rolandホームページでも流れるとのことです。また、2月8日(水)大阪と11日(土)東京で開催される"サウンドスパーク2006"の会場内でも、この日の映像のごく一部がHAND SONICの展示ブース付近で放映されているとか。

実は長坂自身「ゴダイゴ」の大ファンでもあり、20代前半に「5対5」という「ゴダイゴ」のコピー・バンドでドラムを叩いていたこともありました。ということで、撮影前に打合せがてらの昼食タイムに、これらの思い出話をしながら、トミーさんと共にチキンカレーを食べました。

そんなわけで、トミーさんとのコラボレーション撮影の一曲目は「チキンカレー」(トミー氏が命名)に決定?!?次から次へとお互いが様々なモチーフを提示して、いろんなパターンでのセッションを楽しみました。「楽しみました」なんて軽く言ってみたモノの、少年時代からの憧れのミュージシャンを目の前にして終始緊張気味の長坂でしたが、撮影が全て終わってから少しほぐれた様子を写真におさめて頂きました。

トミー・スナイダーさんと長坂憲道


この日は撮影が終わってから、もう一件別のお仕事があったのですが、それも無事に終えてからもまだ帰りの新幹線の時間に少しだけゆとりがあったので、渋谷のビンテージ電子楽器を取り扱っている楽器店に足を運びまして、ついついアナログ・シンセサイザーSH-09を買って帰ってきてしまいました。新しい作品集に使うアイテムがまた一つ増えたぞ!

音楽家・アコーディオニスト:長坂憲道




V-Accordionって何?
長坂憲道って誰?は
↓この下に↓

Roland V-Accordion
http://www.roland.co.jp/VA/

長坂憲道オフィシャルウェブサイト
http://www.accordion.jp/nagasaka/
00:00:00 - accordion - - TrackBacks

10 January

アコーディオン 長坂憲道 ライブ at 大阪・鶴橋

accordion.jp 公式ブログ

さて、大阪・鶴橋でのLIVEが今週末に迫りました。
こぢんまりとしたBARスペースということもあり
お陰様で前回は超満員状態でした。

ご予約は14日(土)の深夜まで受け付けておりますが
なるべく早くご連絡を戴けましたら幸いです!
ご予約はメールアドレス yoyaku@accordion.jp
または下記の電話番号までお知らせ下さい♪

◆大阪・鶴橋ライブ
 大阪・鶴橋 BAR HISTORIQUE COMMENCER
 2006年1月15日(日) 19:00〜21:00
 チャージ:特別価格\1,000(お飲物代は含みません)
 【最寄り駅】
 JR大阪環状線、近鉄大阪線鶴橋駅〜南へ約5分
 大阪市天王寺区東上町5-17
 バール・イストリック・コマンセ
 TEL:06-6772-7765 (電話受付6:00pm〜翌1:00am)
 詳しくはhttp://www.accordion.jp/nagasaka/live.htm
 携帯電話からはhttp://www.accordion.jp/keitai/live.htm

会場で皆さんの笑顔に会えることを楽しみにしています!
from V-Accordionist 長坂憲道

accordion.jp携帯サイト
http://www.accordion.jp/keitai/

長坂憲道プロフィール
http://www.accordion.jp/keitai/ngsk.htm
22:00:00 - accordion - - TrackBacks

04 January

屋根裏音楽道場(カホンやアコーディオンを使った音楽教室) at 大阪府豊中市

HORIZON MUSIC blog

あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月の日程が一部決まりつつあります(以後も随時追加・更新)

屋根裏音楽道場(アコーディオンやカホンを使った音楽教室)は、2005年から開講日程枠を拡大して、火・木・土・日・祝にて受講が可能になりました。もちろん見学、相談や新規受講生は随時募集しています。アコーディオンやカホンなどの楽器をお持ちでない、または持ち運べない方には受講時にレンタルも可能。(持ち帰りは不可)

そして、噂のフル・デジタル電子アコーディオン"Roland V-Accordion"を使ったレッスンや、クロマティック式ボタン・アコーディオンを用いたレッスンもOK!詳しくはhttp://www.accordion.jp/hrznmsc/academy.htmを是非ご覧くださいませ。

また、作曲やアレンジの為に必要な音楽理論やパソコンを活用したDTMのレッスンも行っております。実際にバンド活動をしている人から、アコーディオンの弾き語りから、歌の伴奏を練習したい人、アコーディオンの独奏を目指す人、カホンの演奏を習得したい人など、「屋根裏音楽道場」はいろいろな仲間が集まる音楽教室です。

アコーディオン 41鍵 120ベース MMML DAI-KAWAGUCHI製 セミオーダー・カホン


屋根裏音楽道場 今月のお稽古日程

* 1月7日(土) 3:00 PM〜:アコーディオン他
* 1月15日(日) 11:00 AM〜(3:00 PM終了):ボタンアコーディオン他
* 1月16日(月) 1:00 PM〜:アコーディオン他
* 1月19日(木) 11:00 AM〜:アコーディオン他
* 1月22日(日) 12:00 PM〜:アコーディオン他
* 1月26日(木) 1:00 PM〜:アコーディオン他
* 1月28日(土) 11:00 AM〜ボタンアコーディオン他
* 1月31日(火) PM〜アコーディオン、カホン他

これらの他の日程は、マダマダ追加・調整中です!
原則的に火・木・土・日・祝に開講していますので
新規、見学、相談なども随時受け付けております。

詳しくは下記URLをご覧下さい。

屋根裏音楽道場
http://www.accordion.jp/hrznmsc/academy.htm

ホライゾンミュージック
http://www.accordion.jp/hrznmsc/
14:00:00 - accordion - - TrackBacks

01 January

のり道しるべ 2005年末ライブレポート 名古屋〜宇都宮編

長坂憲道ブログ

あけましておめでとうございます。って、さっきも言いましたね(笑)いえいえ、何度言っても良いのだ!清々しい新たな一年の始まりを心から慶びましょうよ!!

さて、時が経つのは早いもので、もう昨年暮れの話しになってしまっているのですが、と、この下りも二回目ですね。

引き続きのレポートは名古屋〜群馬のV-Accordionでも小ツアーの模様を、お客様よりお送り頂いた数少ない写真と共に簡単に紹介いたします。

◆2005年12月17日(土)・18日(日)はV-Accordionのデモンストレーションで、"Roland-PLANET SPACE"のある楽器店さんにお邪魔してのミニ・ライブを行いました。名古屋でも写真を撮って頂いたお客様もいらっしゃるようですが、今のところ入手できていませんので、またの機会ということにしましょう。

"Roland-PLANET SPACE"でのパフォーマンスの機会には、楽器フェア2005の時と同様に、V-Accordion FR-7と同時に電子ハンド・パーカッション"Hand Sonic HPD-15"を活用したパフォーマンスを行っています。近日中に長坂憲道オフィシャルウェブサイトにて"Equipments"のコーナーを設ける予定にしていますので、長坂憲道が使用している楽器・機材に関して、改めて詳しく紹介したいと思っています。

さて、まず一日目は朝に大阪を発ちお昼までに名古屋へ。途中、米原〜関ヶ原付近では見事な雪景色でした。そして名古屋では栄のパルコ東館にある島村楽器さんに。最も印象的だったのは、名古屋の島村楽器さんのイベントは欠かさず見に来ているという楽器&音楽少年との出会いです。島村楽器さんのスタッフ達や、ローランドの営業スタッフ達とも顔見知りのようで、楽器店に通いまくっていた自分の少年時代を思い出してしまいました。

休憩時間には名古屋名物のあんかけスパゲティーを食し、14時〜と16時〜の二回公演の後そのまま新幹線の名古屋駅まで直行、そして東京へと向かったわけですが、東京行き「のぞみ」の時間を有効活用ということで、久しぶりの「居酒屋新幹線」(笑)500ml缶のビールを3本呑んで完全に出来上がった状態で東京着。飲み足りないと言うことで、急いでホテルのチェックインだけ済ませて日本橋のとある居酒屋に直行、閉店で店員に追い出されるまで飲み食い続けの状態でした。

そして翌朝に東京〜宇都宮へ東北新幹線での移動。約1時間の新幹線の旅は昨晩と違い、非常におとなしく(笑)宇都宮駅西側のララスクエア内の新星堂ロックインさんにお邪魔してのミニ・ライブです。地元のアコーディオン好きの方々にも沢山お会いできてお喋りも出来たり、先日の群馬ライブにお越し頂いていた方々も宇都宮まで足を伸ばして頂けたりと、大阪から遙か遠くの地でも大変温かい想いをさせて頂けました。心から感謝しています。

長坂憲道 名古屋〜宇都宮ミニ・ライブ


こんな温かい気持ちと共に雪の影響で大幅に遅れていた新幹線で居眠りをしながらユックリ大阪へと戻り、翌週は大阪・心斎橋そごう三木楽器でのミニ・ライブと、都ホテル大阪でのクリスマス・ロビー・コンサートというクリスマスを過ごしていました。今のところコレらの写真は入手できていませんので、またの機会に♪

音楽家・アコーディオニスト:長坂憲道




V-Accordionって何?
長坂憲道って誰?は
↓この下に↓

Roland V-Accordion
http://www.roland.co.jp/VA/

長坂憲道オフィシャルウェブサイト
http://www.accordion.jp/nagasaka/
17:00:00 - accordion - - TrackBacks

のり道しるべ 2005年末ライブレポート 群馬編

長坂憲道ブログ

あけましておめでとうございます!

さて、時が経つのは早いもので、もう昨年暮れの話しになってしまっているのですが、毎年恒例の群馬ライブ・レポートをお客様からお送り頂いた写真と共に簡単に紹介いたします。

◆2005年11月26日(土)・27日(日)は群馬県桐生市ロッキンバーンズグリルでのライブ。このお店でのライブは2回目です。昨年は1日で2回公演と少しハードなスケジュールだったんですが、今年はゆとりを持って"2-Days"。
長坂憲道 群馬ライブ1

◆本当にありがたいことで、2公演とも例年通りの超満員!おっきなホールでドカッと一度に沢山のお客様に見て頂けるのもオイシイ話しなのですが、客席と同じ高さの床のステージで、間近で真剣にそしてリラックスして楽しく聴いてくださっているお客様と同じ空間を共有している喜びは格別です。
長坂憲道 群馬ライブ2


◆後半は昨年までの長坂憲道カルテットのメンバーとしてもお馴染みの川原麻依子クンのピアノと一緒に。人数が少なくなって音が薄くなったか?と思いきや!以前にも増して濃厚で情熱的になりました。さすが10年来の音楽仲間、お互いの音をよく分かっています。
長坂憲道 群馬ライブ3

◆ここんとこ、もっぱらV-Accordionでの活動が多くなっているのですが、愛機:キャバニョロ君も健在。やっぱりココ一番の感情移入は生が一番!
長坂憲道 群馬ライブ4

◆ぐんぐんテンションの上がってくる麻依子クンのピアノに触発されて、長坂憲道は眠っていたドラマー&パーカッショニスト魂が炸裂。いやいや、これはいつものことですね(笑)ついにはアコーディオンを置いてしまって、カホンのプレイに熱くなってしまっている様子。
長坂憲道 群馬ライブ5

◆1日目のライブ後にはお越し頂いたお客様とのV-Accordionセッションも楽しみました。右手でカホンを叩きながら左手ではビデオ撮影に熱中する長坂憲道。
長坂憲道 群馬ライブ6

◆そして毎年強力にお手伝い頂いているスタッフの皆さんとロッキンバーンズグリルでそのまま打ち上げに突入。長坂憲道、既に上機嫌でお店に置いてあったボンゴと戯れています。後ろにはロッキンバーンズグリルのマスターが小さく写っていますね。
長坂憲道 群馬ライブ7

◆いつも群馬ライブにお越し頂いているお客様には、地元のプロミュージシャンの方々も。スティールギター&ウクレレ奏者の方が持ってこられていたウクレレをお借りして、これまた子供のように熱中し始めています。
長坂憲道 群馬ライブ8

◆と、こんな風に晩秋の上州の夜は宴たけなわに・・・。
翌日はお昼過ぎから2日目のライブ。前半1時間強のアコーディオン・ソロ部分では、実は昨晩のライブとは大半の曲目が入れ替わっていたりと、2-Daysならではの楽しみ方でライブに取り組みました。
長坂憲道 群馬ライブ9



そのまま大阪へ帰ることも可能なスケジュールだったのですが、今一度じっくりと打ち上がった後、1日目と同じ宿に連泊いたしました。今年は非常にゆとりのあるスケジュールで、上州を満喫させて頂きました。言っときますけど麻依子クンとは全然別の部屋をちゃんと取ってますよ。決してそういう関係ではありませんので麻依子クンFANの皆さま、どうぞご安心ください!というか、10年来の貴重な音楽仲間でもあり、兄妹みたいな関係でもあるので、今さらそんな間違いも起こらなかったりします(笑)

そんな麻依子クンと一緒に翌日は東京の楽器や巡りに。とりあえず無難に渋谷界隈の楽器店を巡ってきました。僕はMicroKORG(ローランドさんゴメンナサイ)のソフト・ケースを購入、麻依子クンはリットーミュージック刊の「キーボード・マガジン」を購入。そして東名・東京インターを目指して車を走らせる中、隣で先ほど買っていた「キーボード・マガジン」をパラパラと捲る麻依子クンが突然叫びました。

「うわ〜、長(チョー)さん載ってるで!」と。

そう、先日の楽器フェアでの熊埜御堂さんとのセッション記事が、写真と共に掲載されていたのを発見。たまたま「キーボード・マガジン」の発売日で、たまたま身近な仲間がそれを購入して、なんだか嬉し不思議な気持ちでした。そういえば、鍵盤楽器奏者同士が一緒に居るってことは、意外と珍しいことなんですよね。楽器店を巡るにしても、道中に音楽の話題をするにしても、話しが弾む弾む。

そして、東名〜名神と順調に走り、夜10時頃には大阪に帰り着く予定だったのですが、東名集中工事の期間にぶち当たってしまい、余儀なく国道一号線を走る羽目に(涙)ということで東京〜大阪間に12時間を要してしまうロング・ドライブで何とか大阪に帰り着きました。


あっ!ローランドの工場見学レポートを今回の群馬レポートのための「ひな形」として活用したつもりが、うっかりそのまま上書きして消してしまったようだ(涙)V-Accordionに対する熱い想いを一生懸命書いたのに。。。ま、いいや。また行ったときに思い出しながら書いてみよっと。相変わらずおっちょこちょいの長坂憲道でありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

音楽家・アコーディオニスト:長坂憲道




V-Accordionって何?
長坂憲道って誰?は
↓この下に↓

Roland V-Accordion
http://www.roland.co.jp/VA/

長坂憲道オフィシャルウェブサイト
http://www.accordion.jp/nagasaka/
16:00:00 - accordion - - TrackBacks